自分の人生を通して絶対に達成したいこと。勇者の石を聞いて

二見浦の日の出

こんばんは。連続で失礼します。

今日はある受験生から
相談をもらったので

いてもたってもいられず
メールを続けて書きます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
周りの人から
エネルギーを奪われるような
過酷な状況の中で
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スポンサーリンク

こんな相談が来ました。
Aさんが
仲の良いBさんについての相談って感じ。

 

T式で勉強している仲の良い子が、
最近勉強以外の部分で疲れちゃってる。

 

例えば
親とか学校。
エネルギーを奪われて
勉強するのも大変。

 

ひどく
ネガティブになってしまっている。

 

どうすればいいか。

という相談です。

 

 

その子からのメールの最後の部分を
引用すると・・・

〜〜〜ここから〜〜〜〜〜〜〜

解決策として、
前向きに考えるとすると、
負の環境以外の、
他の環境を、良くする、
これに尽きると思います。

その良くするとは、
与那嶺氏がおっしゃるように

・食べ物の改善
・部屋の改善
・飲み物の改善
・睡眠
・風呂の改善

と、僕は考えます。

他に出来ることなど、
あればご教授よろしくお願いします。

〜〜〜ここまで〜〜〜〜〜〜〜

 

 

まずこの場を通して
メールをくれた子にお礼が言いたいのは、

 

友人のために同じ仲間のために、
他人のために
ここまで真剣に考えられる奴がいるのか。

 

僕はもうひどく感動しました。

 

 

彼の情熱に愛に動かされて
僕は今メールを書いてるんです。

ありがとう。

 

 

その子とは電話するつもりですが、
塾生の皆さんにも
考えを共有したいので
良ければもう少しお読み下さい。

 

ここからが重要なので。

まず過酷な状況で
勉強を続けるには、

1つ重要なのは環境の改善と
エネルギー漏れを防ぐこと。
エネルギーを上げることです。

 

これはこれまで
基本的なことは話してきました。

 

でもそれでも、
過酷な環境下では
十分に勉強できないこともあるでしょう。

 

 

僕は親があまり
ゴチャゴチャ言わなかったので
本当に有りがたかったですが、

 

もしうるさく言う親だったら
相当しんどかったと思います。

 

そして去年までに関して言えば、
僕は僕自身が自分の「ドリームキラー」になって、

ひたすら自分を責め、
ひたすら自分を否定するという

めちゃめちゃ過酷な環境でした。

 

 

今日ふと思ったのですが、

僕は
自分を責めないでいられる
心穏やかな今の状況に
何度も何度も感謝しています。

ふと思った時に
「あぁ、こうやって楽しく
生きられるのは本当に有難いな」と

何度も思います。

 

 

なんでだろうって考えると、

それは深くひどく自分を責めていた
暗黒の時代があるから。

でもその闇の時代があるからこそ、
いまの光をちゃんと認識できるんですよね。

 

話を戻すと、
エネルギーを上げていく習慣を続けて、

なお厳しい環境にいる中で
どのようなマインドで過ごすべきか。

 

塾生の中でも

  • 身体が弱くてなかなか勉強が出来なかったり、
  • お金が無いのでバイトしながら勉強してたり
  • 周りに嫌な人ばかりで大変だったり。

決して恵まれた
環境ばかりの人ではないと思います。

そういう子を見るたびに
僕は「なんとかならんのか?」と
思うし、

大したことは出来ない自分を
情けないと思ってしまいます。

 

落ち込むのは意味がないとわかりつつ
エネルギーが漏れるとわかりつつ、
それでもそう思わざるを得ない。

 

それが「自分の武器」であるとも
分かってはいるのですが…。

 

 

 

 

今も厳しい環境の中で
もがいているあなたに言えることは1つです。

 

 

 

無駄な事なんて1つもない。
いま現実で起きている出来事は、

 

全て神様があなたが主人公の物語に
用意したイベントなんです。

 

あなたの周りにいる人達。
それは神様がキャスティングした
登場人物なんです。

 

 

出来事も登場人物も全て、

「あなたという物語の主人公が
成長するためにキャスティングしたもの」

なんですよ。

 

 

僕は別に宗教は信じてないけど、
神様の存在はあったほうが
いいなって思ってます。

 

たとえば親と仲が悪い。
それは神様が
あなたに与えた試練であり課題なんです。

 

例えば身体が弱い。
それも神様が
あなたに与えた試練であり過大なんです。

 

あなたなら乗り越えられるから。
そう期待して与えられている。

そしてそれは同時に才能にもなる。
だからギフト=才能って言うんです。

 

 

僕の好きな曲に、
AKIRAの「勇者の石」というものがあります。

ぜひ聞いてみて下さい。

恵まれない人は、
それだけ魂が高潔だから。
大人の魂だから。

 

恵まれている人の魂は
子供の魂でまだ頼りない。

 

 

 

 

僕は過酷な環境にある人を見ても

可哀想なんて思いません。
同情も絶対にしない。

だって、
困難な環境にある人は、
それだけ魂が高潔だから。

それだけ魂が強く
過酷な事があっても
耐えられる強さを持っているから。

 

 

だから僕が出来るのは、

敬意を持って、
その人の魂が磨かれ
試練を乗り越えられることを
祈って手伝う事。

 

 

だからあなたは可哀想なんかじゃない。
そして自分を絶対に可哀想なんて思うな。

 

 

厳しい戦いをしているなら。
ハンディキャップを持っているなら。

 

それを誇りに戦え。

それだけ乗り越えられる力を
持っているんだから。

 

 

自分が本当にしたいことは何か。
なりたい自分は何か。

 

今のままで後悔しない?

 

周りの人間に
自分の夢目標を邪魔されていいのか?

 

誰のために生きてる?
誰のための人生?

 

親でも友人でも先生でもないだろう。
自分の人生でしょ。

 

俺は俺の人生を生きたいし、
自分の人生を精一杯まっとうするために
沢山の人を応援したい。

 

 

たかだか受験くらいで
自分を否定するな。
自分の人生を評価するな。

 

 

まだ試験は終わってないから!

 

 

とにかく最後までやり切るぞ!

 

 

逃げていくのは夢じゃなくて
いつも自分自身なんだよ。

自分で自分を諦めないでよ!

 

大事なのは結果じゃなくて経験。
どれだけ成長したかだ。

もちろん結果も出すために
精一杯やろう!

 

そのためのサポートは
惜しまないから。

勉強で困ったら先生を頼ろう。
遠慮せずにね。

 

 

寒いけど寒さに負けずに
やっていきましょうね。

またメールします。

最後まで読んでくれて
有難う御座いました。

 

 

よなたん

二見浦の日の出

参考になったらぜひシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。