ドリームキラーの言うことに耳を貸す必要はない

僕らの周りには、あなたの夢や目標にケチをつけるドリームキラーがたくさんいます。

おそらく、99%以上の人間がドリームキラーでしょう。親や家族がドリームキラーの場合もあります。

僕らが自分の意志で自分のやりたいことをやるとき、このドリームキラーは強敵になります。

彼らの言うことは常に「お前には無理だ」「そんなの出来っこない」といってあなたの夢をくじこうとします。

スポンサーリンク

今日は、そんなドリームキラーの「呪い」を振り払い、あなたの目標、ゴールに向かって思い切って進んでいくために必要な言葉、考えをお話します。

まずは大切なキーワード。

お前には無理なだけだろバーカ。俺には出来るんだよ

って言うようにしましょう(笑) 別に言う必要はありませんが、いつもこのセルフトークをしていてください。

親や教師、あなたの知り合いが「無理だ」って言うとき。それはいつも、その人に出来ないことなのです。

もしあなたが成功したらどうでしょう?その人のプライドが傷付けられるわけです。彼らドリームキラーは、自分が夢を叶えていないために、人が夢をかなえることが許せない。

もし自分以外の誰かが夢に向かって頑張っているのを見たらムカつくし、全力で止めます。もし誰かが夢を叶えてしまったら、夢に向かって努力もしていない自分をダメだと思うようになるからです。

だから、基本的に彼らのいうことに耳を貸す必要はありません。一切無視でいいのです。

「自分が出来ないからって僻んでんじゃねーよ。一生そこで立ち止まってろ。」

彼らは自分が出来ないからお前には無理だ、というよく分けわからない理論であなたを責めてきます。

そうしたら、「お前には無理でも俺には出来るんだよ」と言っておけばいいのです。

 

自分の未来の可能性を見て評価できない奴は一切無視!!

教師や親は、まだ潜在能力が開花していないあなたの現状を見て未来を決めます。

「今まで、あるいは今こんな成績なのに◯◯大目指すなんてムリだろう?」と言うのです。自分が無能であることをわざわざアピールしているに過ぎません。

自分の潜在能力を発揮して努力してきた人は決してドリームキラーにはなりません。努力の大切さ、目標を持って生きることの大切さを知っているからです。

部活でもなんでも、1つのものを頑張ってきた人は、いかに努力が大切かを分かっているので、自分以外にすごい奴がいても素直に応援することが出来ます。「すげーな!!」って言えます。

でも、今まで大して努力したことのない人は、勉強やスポーツなど出来る人が許せません。「勉強しても意味無いでしょ」「勉強できる奴はどうせ性格悪いだろ」と言って自分を正当化します。

かつての私はそうでした。大して努力もしていないくせに、努力している(勉強している)人を批評し、勝手に一般化し、努力していない自分を許していたわけです。

勉強したくないから、努力して失敗して傷つきたくないから、勉強しない正当な理由を創っているわけです。こういうとき、僕らは驚くほど創造力豊かになります。自分を正当化する方法を無限に思いつきます(苦笑)

こんな考え方をしていては一生変わることは出来ません。

成功も失敗も全て自分の責任

しかし、こういう生き方は楽ではありません。

失敗しても全て自分の責任になります。人生の責任を自分で背負う勇気を持てるかどうか、がここで問題になるのです。

あなたはどうでしょうか?自分のやりたいことを思い切り追求できますか。成功しても失敗しても全て自分の責任だと言えるでしょうか。

受験でも何でも、大きなチャレンジをすることは怖いものです。誰でも怖いのです。それでも立ち向かえるかどうか。逃げていては何も勝ち取ることは出来ないのです。

「ねだるな。勝ち取れ。さすれば与えられん。」という僕の好きな言葉があります。

ドリームキラーというあなたの人生にとってのスライム、コラッタのような存在はさっさと蹴散らして、どんどん先へ進んでいきましょう。

参考になったらぜひシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。