FileZillaの使い方【Macユーザー必見!】

Macのキーボードと本

WordPressを運用したり、コンテンツマーケティングを実践していく中で、FileZilla等のFTPソフトを付けるようになることは必要不可欠なスキルだ。なぜなら、mp3ファイルやPDFファイルをメルマガ読者にシェアしたり、レターを告知する時に必要なスキルだからだ。

しかし、

  • サーバーにファイルをアップするってどういうこと?
  • FTP?FileZilla?なにそれ?
  • ローカルって何?どうやればURLでファイルを見せることが出来るの?

といった疑問が数多く出ると思うし、私自身も初めはさっぱりわからなかった。今回はMacユーザー御用達のフリーソフトFileZillaのインストールから設定方法、ファイルアップロード方法そして実際にどのようにファイルをアップすればURLでmp3ファイルやPDFファイルをシェアすることが出来るのかを丁寧に解説していこう。

スポンサーリンク

1.ダウンロードとインストール

FileZillaダウンロードページにアクセスしよう。

FileZilla日本語版サイト

 

MAÇ版が最新ファイルにない場合は「その他の全ファイル」から「FileZilla_Client」の部分の最新のフォルダをクリックしよう。

filezilla-install2

 

 

Macの場合は「FileZilla_3.12.0.2_macosx-x86.app.tar.bz2」をクリックしよう。自動的にダウンロードされる。

FileZilla

 

ダウンロードが始まったら自分のパソコンの適当なフォルダ(ダウンロードフォルダ等)にダウンロードしよう。

FileZillaのダウンロード

 

ダウンロードが完了したらファイルをダブルクリックして開こう(私の使っているブラウザGoogle Chromeの場合は下図のような感じ)

FileZillaのダウンロードファイルを開く

するとアプリケーションファイルが展開されるので、ファイルを「アプリケーションフォルダ」に移動またはコピペしよう。

 

filezilla-install6

2.初期設定(日本語化、サイトマネージャ)

2−1.日本語化

インストールされたらアプリケーションフォルダからアプリファイルをダブルクリックして起動しよう。

FileZillaを起動

「”FileZilla.app”はインターネットからダウンロードされたアプリケーションです。開いてもよろしいでしょうか?」と表示されたら、「開く」をクリックしよう。

FileZillaの起動をすると注意が来る

開いたら下図のような画面になるが、英語表記になっている場合は日本語化する。PC画面上部のツールバーに「FileZilla」と出るのでクリック。

FileZillaの設定

Settingを押す。

FileZillaのSetting

Language>Japaneseを選択する。

FileZillaの日本語化

これで日本語化は完了だ。

2−2.サイトマネージャの設定

下図の画像かツールバーのファイル>サイトマネージャを押す。

FileZillaのサイトマネージャ

ここではあなたが契約しているサーバー情報を入力する。

FileZillaの初期設定サイトマネージャ

Xサーバーの場合、Xサーバーから届いたメールのこの部分を見て欲しい。

エックスサーバー
  • ホスト:あなたのサーバーID(Xサーバーの場合は◯◯.xsrv.jp)
  • ユーザー:FTPユーザー名
  • パスワード:FTPパスワード

あとは画像の通りの設定をしよう。接続が完了すると下図のような画面になる。ここで1つ説明しておくと、「ローカル=自分のパソコン」だと思って欲しい。

FileZilla ローカルとサーバー上のフォルダ

つまり、あなたのパソコンに入っているファイルは、そのままでは人とシェアできないが、サーバー上、つまりインターネット上の自分の場所(サーバー)にアップすることで、一般公開することが出来るということだ。

3.FileZillaの使い方

3−1.アップロードの方法

アップロードする方法は簡単だ。FileZillaのウィンドウの左側、つまりローカル=自分のパソコンデータの中からアップしたいファイルを選択し、右クリックを押そう。すると「アップロード」という選択ができる。あるいはダブルクリックでもOK。

FileZillaでファイルをアップロードする

するとサーバー側で選択しているフォルダの中にファイルがアップロードされる。

FileZillaでファイルがアップロードされた

アップロードはこれだけだ。逆にサーバー上にアップされているファイルをダウンロードしたい時は、ファイルをダブルクリックすればダウンロードできる。

3−2.アップしたファイルをブログやメルマガでシェアする方法

下記のリンクを押して見て欲しい。するとPDFファイルが開くはずだ。

このファイルのURLを見るとこうなっている。

http://yonaminetakayuki.jp/contents/business-basic-project.pdf

これがどういうことかということを今から説明しよう。

まずは下図を見て欲しい。今回は私の「t-yonatan.jp」というドメインでサーバーにWordPressをインストールしているが、下記のように「t-yonatan.jp/public_html」というように、私のドメインの下にフォルダが入っているのが分かる。

基本的には他のフォルダではなく、この「public_html」内にファイルをアップロードしなければならない(WordPress関連のファイルも全てこのフォルダに入っている)。

ではまずはpublic_htmlを押そう。

ファイルをFileZillaでURLで表示させる

するとこんな画面になる。私のブログは「blog」というフォルダにWordPressをインストールしている。私はblogというフォルダをダブルクリックし、

FileZillaのpublic_htmlにアクセス

「contents」というフォルダを自分で新規作成した。

FileZillaでPDFをアップロードする

そしてcontentsフォルダに、先ほどの「business-basic-project.pdf」というPDFファイルをアップロードした。それが下図のような状況だ。

FileZillaにMP3ファイルをアップロード

いま私は「t-yonatan.jp/pubic_html/blog/contents/business-basic-project.pdf」という階層までアクセスしたことになる。

このpubic_htmlという部分だけ抜き出して、

yonaminetakayuki.jp/contents/business-basic-project.pdf

これをブラウザの検索窓に打ち込んでエンターを押すとPDFファイルが表示されるはずだ。(されない場合は http://yonaminetakayuki.jp/contents/business-basic-project.pdf )

いかがだろうか?これがファイルをアップロードすることであり、mp3ファイルやmp4ファイルやdoc.などあらゆるファイルをアップしシェアすることが出来る。

Macのキーボードと本

参考になったらぜひシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。