超おすすめ!安全で痛くない鼻うがいのやり方

hanaugai

僕がこの1年間で学んだことで
最も価値あるものは何か?

そう問われたとしたら、まず真っ先に
「鼻うがいを学び習慣化したこと」
と答えると思います。

鼻うがいというのは文字通り鼻のうがい。

生理食塩水を鼻から吸って
鼻腔を通して口から出して、
鼻腔を綺麗に洗浄することです。

スポンサーリンク

鼻うがいをするとどんな効果・メリットがあるの?

ストレス軽減

鼻うがいをすると良いのは
まず鼻の通りが抜群に良くなること。

今まで自分は鼻に詰め物をしながら
呼吸をしていたんだな。

そう思えるくらいにスースーと
鼻呼吸が気持よく出来ます。

 

鼻の通りがよくなることで
ストレスも軽減します。

 

酸素を多く取り込めるようになる

また、酸素の吸入量が増えるので
集中力も向上します。

 

※現代人はマジで酸欠です。

 

酸欠になると

  • 肩こり
  • 不眠症
  • 集中力や記憶力が下がる
  • 疲労感

などの弊害があると言われています。

 

 

ちなみにあなたは息を吐くときに
10秒以上かけていますでしょうか?

10秒以下だと呼吸が浅い可能性があるし、
酸欠気味かもしれません。

 

 

呼吸が浅いと
パフォーマンスが著しく低下します。

 

だって人間にとって
最も重要なのが酸素・呼吸のハズ。

 

変な話、
食べ物は数時間我慢できる。
1日食べなくたって死にはしません。

 

でも呼吸は10分と我慢することが出来ない。
ある意味、

僕ら人間にとって一番大切なのは食べ物でも金でも愛でもない(笑)

呼吸(酸素)なんです。

 

その酸素を多く取り入れることが
僕らの身体や精神にとって
どれだけ良い影響があるかは計り知れない。

 

 

鼻うがいをすることで
酸素を身体に多く取り入れて
あらゆる状態を良好にしてくれます。

 

その日に受けたネガティブな影響をリセットしてくれる

僕らって日々過ごしていると
いろんなストレスとかネガティブな影響を受けます。

 

例えば感情って伝染するんですよね。
満員電車に乗っているとイライラしませんか?

あれってあなたがイライラしているというより、
乗っている乗客がイライラしているから、
そのイライラが伝染しているんですよね。

 

他にも緊張している人の隣にいると
自分にも緊張が移ったりするし、

 

笑いにつられるとか
もらい泣きとかもあるじゃないですか。

 

感情ってカンタンに伝染するんです。

 

 

で、イライラとか怒りとかストレスとか
ネガティブな感情も伝染しやすくて、

1日過ごしてて色んな人とか物とか情報に触れていると
その影響も受けてしまいます。

 

僕らはそれをリセットしないまま
1日を終えるので、
夜ぐっすり寝れなかったり
だんだんストレスが溜まっていったりする。

 

鼻うがいをすることで
こういったストレスやネガティブな影響を
浄化することができるんですよね。

 

だからモチベーションも上がる。
(というより僕らはモチベーションが下がる
 影響を日々受けまくっているだけ)

 

本当に良い事ずくめなんですよね。

 

 

鼻うがいって痛いんじゃないの?

鼻うがいの話をするとまず聞かれる質問ですが、
全く痛くありません

 

生理食塩水(塩分濃度約0.9%)でやるので、
すごくカンタンに言えば鼻水と同じような成分になります。

鼻水が鼻を通っても痛くないように、
生理食塩水を鼻に通しても全く痛くありません

安心して下さいね。

 

おすすめの器具

鼻うがいを実践する前に
いくつか揃えて欲しいものがあります。

  1. 鼻うがい専用のボウル(共有しない!)
  2. 洗浄したお水・ミネラルウォーター(水道水は使わない!)
  3. 天然塩(工業塩は使わない!)

 

鼻うがい専用のボウル

ボウルは1L〜2Lのものがオススメ(1回につき2Lやるため)。

僕は旅先・遠征先でもやるので、
折りたたみが出来て一気に2L生理食塩水を作れる
このボウルを使ってます。

 

洗浄したお水・ミネラルウォーター

水道水だと塩素が入っているので、
鼻腔を痛めてしまいます。使わないようにしましょう。

一番良いのがちゃんとした
浄水器で浄化したお水が良いのですが、

無ければ市販のミネラルウォーターでも良いと思います。
(僕が教わった先生曰くこれもあまりオススメは出来ないそうですが)

僕は、飲んでもおいしいし
抜群に効くとオススメされた日田天領水を使ってます。

 

 

天然塩

こちらも工業塩は使わないように。
逆に鼻腔にダメージを与えてしまいますので。

皇帝塩というものがオススメです。

 

 

計量スプーンもあれば良いでしょう。
これは専用じゃなくても良いので
お家に計量スプーンがあればOK。

 

あとお湯を沸かすので
僕はティファールの電気ケトルを使っています。
これも専用じゃなくて良いので
ヤカンなどあればオッケーです。

 

ボウルとお水とお塩が揃えば
鼻うがいを実践できますよ。

 

 

鼻うがいの具体的なやり方と手順

  1. まずお湯を沸かします。僕は2L一気に作るので、その場合は約1Lほどお湯を沸かします。
  2. ボウルにお塩を18g入れてお湯を1L入れてよく混ぜます。
  3. 常温〜冷えたお水を1L入れてよく混ぜます。これで2Lの生理食塩水が完成。だいたい体温〜38℃くらいの温度にしましょう。温かいけど鼻が「アチッ」ってならないくらい。あんまり熱いとヤケドしちゃうので注意。
  4. ボウルの縁に片方の鼻を付けて、反対側の鼻を抑えながら水を吸い込みます。
  5. 水は鼻腔を通って口に出てくると思うので、それをぺっと吐き出します。
  6. これを1L続けます。
  7. 終わったらティッシュで鼻をかみます。立ったまま状態を倒して前屈してかむとまた水が出てくるので垂れなくなるまでかみます。
  8. 片方の鼻が終わったらもう片方もやります。
  9. 終了。きちんと鼻をかんで下さいね。

 

文章だと分かりにくいと思うので、
羽賀ヒカルさんが実践している動画を載せておきます。
僕もこれ見て練習しました(笑)

 

 

鼻うがいすると中耳炎になる?

という疑問もあると思いますが、
きちんと鼻をかめば問題ありません

僕ももう少しで1年近く鼻うがいをやっていることになりますが、
異常はないので大丈夫です。

ただ少しでも異常を感じたら耳鼻科にご相談下さいね。

 

回数や頻度はどうすべき?

基本的に毎日やりましょう。
というより習慣になると

歯磨きをしないよりも気持ち悪く感じるようになります

 

鼻うがい直後の呼吸の気持ち良さが半端無いので、
鼻が詰まってきた時の不快感も半端なくなってしまいます。

 

だからしばらく続けていると
毎日やりたくなるはず。

 

回数なんですが最低1日1回。
夜寝る前が良いと思います。

 

出来れば朝も出来ればよいですが、
まずはムリない範囲でやると良いでしょう。

 

またお昼とか夕方でも
気持ち悪いなーと感じた時にやるのが良いです。

 

 

今日はシンドくて鼻うがいするの面倒だなぁ・・・

と感じる時が1000000%あります。笑

 

でも面倒だと感じる時ほど、
ネガティブな影響を受けてシンドくなってる時なんですよね。

 

だからそんな時にこそ鼻うがいをやって
リフレッシュさせましょう。

 

コツ

まず腹式呼吸を意識して
吸ってみましょう。特に女性は胸式呼吸が多いので
それだと吸いづらいでしょう。

あとは状態は90度真横にかがめてやること。
上体が起きていると水を飲み込みやすいです。

 

片鼻が詰まってて水が通りにくい時もあると思います。
時間がかかっても出来るならやって欲しいですが、
あまりに時間がかかりそうなら片鼻だけで2Lやっちゃってもいいです。

(僕は通りが最悪なときは点鼻薬を打ってからやったりします)

 

 

hanaugai

参考になったらぜひシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。