【自分らしさはいらない?】やりたいことがない人が読むべき働き方の記事。

city-view-1427730_640

最近はハチミツ投稿ばかりでしたが(笑)ちゃんと仕事もしております。有難いことに次から次へと仕事のオファーを頂く機会があって。もちろん全ての仕事をやることは出来ないし中途半端な事は出来ないので、いま頂いているオファー以外はしばらくお受け出来なくなるかと思います。

最近は新たに完全無料で大学受験を突破出来るサービスを開発したり塾のコンサルティングをさせて頂いたり、また、若者向けにビジネスや生き方を僕が教えていく学校「ヒーローアカデミー」も裏でこっそり始動しまして。これが毎週セミナーという鬼畜レベルの大ボリュームなので毎日てんやわんやです。笑

スポンサーリンク

やりたいことやらなきゃいけない?

最近ふと思うことがあって。それは【やりたい事やる必要あるの?】ってこと。僕は仕事柄、人の応援をするということが多いです。ビジネスのお手伝いをさせて頂いたりとか、人が成長するためのお手伝いをさせて頂いています。

毎日そればっかり考えてて。いまは10個くらい案件があって常に並行でタスクを処理しているのですが、全然苦では無いんですね。じゃあ毎日ワクワク楽しく好きなことやってる!かと言うと、実は案外そうでもない。もちろんやってて楽しいこともあるけど、楽しくないこともある。でも僕はやることが楽しい楽しく無いはぶっちゃけどうでもいいと思っている。

たまに【好きなことだけやりたいんです!】【ワクワクすることだけしたいんです!】という人もいるけど、じゃあその人は、仮に目の前に困ってる人がいてもワクワク出来ないことはやらないんだろうか?

 

自分らしさなんて要らない?

****************
先日、このような言葉に出逢いました。

【自分らしさなんて要らない】。

一体どういうことでしょうか。つまり、自分がしたいこと、好きな事よりも、誰のために働くのか。誰のために生きるのかが大事だということです。滅私奉公という言葉があるように、日本人の本来的な生き方って、人のため家のため地域のためお国のためっていう風に、もっと抽象度が高かったと思う。
 

いつから僕らは自分のためだけに働くようになったんだろう?

もちろん自分らしく生きていく事は大切だと思います。それは大事。でも、自分らしく生きることと、自分のためだけに生きる事は矛盾しないはずだよね?最近の僕の働き方といえば、自分ではなく他人のことばかり考えていたので、この考えはすごく腑に落ちました。

誰かに学ぶときも自分はいらないんだよね。僕は受験勉強で偏差値30から70まで4ヶ月で伸ばしましたけど、その時にやったのは【自己流を全て捨てること】でした。若いうちは型なんてないし生き方の指針なんてものもないんだから、やりたい事とかやるべき事なんて分からなくて当然だと思う。僕も自己実現や願望実現の欲求は当然あります。やりたいこともある。

でも、それらよりもより抽象度の高い【使命感】を待った生き方が出来たらいいなとも思ってる。正直、それが何なのかはまだ分からない。僕の使命はこれなんだぁぁ!って声高に叫ぶほど確信なんてないし、ていうかそんなん言ってたらキモくない?(笑)たぶん本当に覚醒したらいちいち言わないで黙ってやってるんだと思います。

やりがいよりも「生きがい」

じゃあ、具体的にはどうすればいいだろうか。それは自分の好きなことではなく自分が好きな人と一緒に何かやること。自分のために頑張れない人は人のために頑張ればいい。大好きな人のために頑張るならばそこには無限のパワーが湧き出てくる。

今までやる気が出なかったのはなんだったんだってバカバカしく思えるくらい、やる気とか不要でガンガン動けるようになる。人って本来そういうもんじゃないかなーって思うのです。

だから、やりがいとかやりたいことよりも、「毎日イキイキ出来るか」「好きな人と仕事する」ということを意識してもらえたらいいと思う。

足りないと思うからこそ成長できる

最近は自分の足りない部分ばかり自覚する機会があるけど、今日は「そんな自分がオレって超すきだなー」って思ったりしてます(笑)だって自分に満足した瞬間に成長はストップするし。飽くなき成長欲求を生かして今日もハチミツ食って頑張ります。グルテンフリーのパンケーキにハチミツかけて食ったら超上手くて革命起きた。毎日食べる。笑

P.S.Facebookで「くまたん」でユーザー検索すると出るようになりました。笑

city-view-1427730_640

参考になったらぜひシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。