作業スピード5倍速!MACのショートカットキーの一覧

MacBookPro

パソコンを使う仕事のスピードを上げるならショートカットキーを覚えるコトは必要不可欠。今回は僕がよく使っているショートカットキーを厳選してまとめておきます。

「Mac のキーボードショートカット – Apple サポート」を見ればショートカットキー一覧は見れるのですが、いかんせん量がめちゃめちゃ多く、僕も半分くらいしか覚えていません。

全部覚えなくても必要最低限のものだけ覚えれば作業スピードはめちゃめちゃ上がるので、今回は僕が必要なものだけをまとめてみました。

スポンサーリンク

基本的なショートカットキー

この辺はマジで基本です!

ショートカット 説明
command + X 切り取り
command + C コピー
command + V ペースト
command + Z 取り消す
command + shift + Z 取り消しコマンドをやり直す
command + A すべてを選択
command + F 検索
command + H ウィンドウを隠す
command + N 新規の書類またはウィンドウを開く
command + O ファイルを開く
command + P プリントする
command + S 保存する
command + W ウィンドウ・タブを閉じる
command + Q アプリを終了
control + スペースバー Spotlight検索
スペースバー ファイルをクイックルック(プレビュー)
command + tab App の切り替え
command + shift + 3 画面全体をスクリーンショット
command + shift + 4 範囲を指定してスクリーンショット

 

 

書類関連

ショートカット 説明
command + B 文字を太字にする
command + I 文字を斜体にする
command + U 文字に下線を引く
control + D 右側の文字を削除
fn + 上矢印 1 ページ分上にスクロール
fn + 下矢印 1 ページ分下にスクロール
command + 上矢印 挿入ポイントを書類の先頭に移動
command + 下矢印 挿入ポイントを書類の末尾に移動
command + 左矢印 挿入ポイントを現在の行の先頭に移動
command + 右矢印 挿入ポイントを現在の行の末尾に移動
command + shift + 上矢印 挿入ポイントから、書類の先頭までの範囲のテキストを選択
command + shift + 下矢印 挿入ポイントから、書類の末尾までの範囲のテキストを選択
command + shift + 左矢印 挿入ポイントから、現在の行の先頭までの範囲のテキストを選択
command + shift + 右矢印 挿入ポイントから、現在の行の末尾までの範囲のテキストを選択
shift + 上矢印 選択したテキスト範囲を、1 つ上の行の、水平位置がもっとも近い文字まで拡張
shift + 下矢印 選択したテキスト範囲を、1 つ下の行の、水平位置がもっとも近い文字まで拡張
shift + 左矢印 選択したテキスト範囲を 1 文字分左に拡張
shift + 右矢印 選択したテキスト範囲を 1 文字分右に拡張
command + shift + option + V スタイルなしの文字をペースト(文字装飾などが無い)
command + shift +
マイナス記号 (-)
選択した項目のサイズを縮小
command + shift +
プラス記号 (+)
選択した項目のサイズを拡大 

 

Finder 関連

ショートカット 説明
command + D ファイルを複製
command + I ファイルの「情報を見る」ウインドウを表示
command + option + D Dock の表示/非表示を切り替える
command + N Finder の新しいウインドウを開く
command + shift + N 新規フォルダを作成
command + T 新しいタブを開く
command + ダブルクリック フォルダを別のタブまたはウインドウで開く
command + delete 選択した項目をゴミ箱に移動
command + shift + delete ゴミ箱を空に

僕がよく使うショートカットキーをPDFにまとめたのでプリントアウトしてご活用下さい。

MacBookPro

参考になったらぜひシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。