なぜいつまでもダラダラしてしまうのか

何年も浪人している人が、なぜいつまでたっても勉強できないのか。1つの原因として、その状況にメリットを感じているという事を最近感じます。

つまり勉強しない方がその人にとって良い。行動しない方がメリットがあると感じている。そういう人もいるようです。

スポンサーリンク

そんな馬鹿な、と思うかもしれません。たとえば僕の知っている人はこないだこのような話をしてくれました。

人と常につながっていないと不安。彼氏がいないと不安、いつも誰かと遊んでいないと不安。勉強を始めると、今の人間関係が崩れてしまう気がする。

彼女にとって、勉強しないという事は自分のためにしている事なのです。ある意味でその作戦は成功していて、さみしさを紛らわせることが出来ています。

実際、数年前から勉強そっちのけで恋愛や遊びに時間をかけています。彼氏は安定した人間関係だから、常にいてほしいという事です。

 

この話を聞いてどう思いますか?僕はこの状態がダメなんだ、と言いたいわけではありません。ただ、そういう人もいるんだよ、そう言う事をしているんだよ、という事が言いたいだけです。

その現実を認識して、どうするかは本人の自由です。

 

もしあなたが、なかなか現状を変えられない場合、その状況にメリットがあるからかもしれません。行動して失敗したら怖いと感じているから行動しない。これは安心感を得るためですよね。

あなたが無意識のうちにしていたことは、そういった恐怖感や安心感を得るためのものであるかもしれません。もしうまくいっていない場合は、自分の心を観察してみてほしいと思います。

※うまくいかないから自分はダメだ、逃げているから自分はダメだ、と卑下する必要はありません。それを受け入れることが大切です。

「なーんだ、仕方ないなぁ、こいつぅ~」といった感じで受け止めてほしいなと思います(笑)

上で挙げた子は、自分の状況や今までしてきたことを冷静に受け止めて話してくれました。人に話せるっていうのは、受け止められているという事。たぶん今後は改善の方向に向かうでしょう。

 

 

参考になったらぜひシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。