映画「柘榴坂の仇討ち」の感想:正解を自ら選ぶという男の生き様

先日、「柘榴坂の仇討ち」を見てきました。柘榴坂が読めなかったのですが「ざくろざか」のようですね。

普段あまり時代劇ものは全く観ないのですが、観てみるととてもおもしろいですね。

幕末〜明治は時代が変わるとともに価値観も劇的に変わるのですから、そこに人に生き様が見られます。歴史物の面白さの一つでもあるでしょう。

今回は「これから観る人のための『これだけ』は知ってから観たい!』」あらすじと、映画を見た感想を書いていきます。

ロトの紋章〜紋章を継ぐ者達へ〜【漫画紹介とあらすじ】

ロトの紋章〜紋章を継ぐ者達へ〜【漫画紹介とあらすじ】

「ロトの紋章〜紋章を継ぐ者達へ〜」とは、「ロトの紋章」の続編。

「ロト紋」はドラゴンクエスト3の100年後の世界、異魔神という新しい魔王が世界を支配しようとしている時代に、アルスと「ケンオウ」達が異魔神打倒を目指し成長していく物語です。

「紋継ぐ」はさらにその25年後。異魔神が倒され、平和な世界を取り戻した世界。しかしある時突然、「呪文」が使えなくなり、地下世界アレフガルドとの交易が途絶え、ラダトーム城の人々が消えてしまいました。ラダトームにはアランとアステアもいましたが、彼らも消えてしまいました。

今作は、アランとアステアの息子、アロスが主人公です。

何をやっても成功せずに搾取され続ける人達の共通点

こんにちは。最近ずっと勉強中で昼夜逆転、

というか寝るまで作業とかブレインダンプしているよなたんです。

今はプログラム生を中心に見ているので、

しばらくはあまり皆に情報発信出来ないかもしれませんがお許しください。

 

自分のステージ上げている最中なので、

しばらくしたらみなさんに還元できると思います。

サッカー日本代表に思う事

昨日は5時に起きて、サッカー日本代表グループリーグ最終戦、日本対コロンビア戦を観戦しました。

結果は残念ながら1-4の完敗で、日本はGS敗退になりました。

メルマガでも書いたんですが、日本代表に対する考え方について思う事があるので書いていきます。

ネタばれ感想:映画「青天の霹靂」|あらすじと感動シーン

映画「青天の霹靂」を観た。場所は六本木シネマ。以前も来たことはあったけど、何を観たかは覚えていない。

そして6月1日。別の友達ともう一回「青天の霹靂」を観た。2回観ても全然問題ないと観る前からわかっていたので、全く気にしなかった。今年に入ってから、同じ映画を複数回観ることに抵抗がなくなった。