大学に合格する人のメンタリティの秘密【メルマガ転載】

ペン

こんばんは。よなたんです。

受かる受験生ってどんなメンタリティで
勉強しているのか。

それは

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
淡々と勉強している
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

んですよね。

スポンサーリンク

非常に気持ちが安定しているし、

やる気うぉぉぉぉお!とか言うのもあまりない。

雨の日も風の日も勉強、みたいな。

受からないタイプの人って、
日々一喜一憂しすぎです。

感情っていうのは
大きく言うとエネルギーです。

喜怒哀楽の感情を持つにも
実はエネルギーを使ってる。

泣いたり悲しんだりすると
エネルギー使う=疲れる

てのはなんとなく分かりますよね?

こういうネガティブな感情だけじゃなくて、
ワクワク感とか、
燃え上がる!って言う時も
実はエネルギー使っちゃってたりします。

やる気の波が激しいひとって、
むやみやたらにやる気出したりしますけど、

別にそういうことをする必要はなくて、
ただ日々淡々と勉強すればいいんですよね。

嬉しいことがあっても浮かれすぎず、
やな事があってもいちいち落ち込まない。

ただ今日合格のために出来ることを
淡々と続けていく。

これが合格のヒケツ。

だから

模試でA判定出ても浮かれず淡々と。
模試でE判定出ても落ち込まず淡々と。

こうすることで
毎日どんな事があろうが
安定して勉強することが出来ます。

感情がブワッと出たら、
こういうおまじないをかけましょう。

僕も毎日実践している事です。

「この気持ち、感情、経験が
自分の心の栄養になりますように」。

これめちゃ大事です。

例えば悲しい出来事がありました。
彼女に振られました。

そこで悲しむことはいい。
でも別れって悪い事だけじゃないですよね。
それによって成長することもある。

だったらいつまでも
悲しんでエネルギーを漏らすよりも、
そのエネルギーを自分の成長に
繋げればいい。

馬鹿にされて、
その悔しさをバネに頑張れる人っていますよね。

こんな感じのメンタリティです。

このメンタリティにするおまじないが先ほどの

「この気持ち、感情、経験が
自分の心の栄養になりますように」。

です。

感情というエネルギーを
自分の成長の栄養(エネルギー)にしちゃうのです。

こういう気持ちで
毎日勉強してもらえたらと思います。

それでは今日はこの辺で。
最後まで読んで頂き有難う御座いました。

%name1%さんが今日も明日も
心安らかに楽しく過ごし

充実した勉強が出来ることを
心より祈っています。

与那嶺

ペン

参考になったらぜひシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。